研究室の見学

私たちの研究室に興味を持って下さった大学生、大学院生の皆さん、ぜひ見学にいらして下さい。

大学院生募集中

大学院生募集中

博士課程、修士課程とも入学者募集中。医学部以外の生命科学関係の出身者も歓迎します。

研究目標 Research Mission & Overview

私達は、タンパク質の翻訳後修飾であるユビキチン化を中心にタンパク質の分解制御をテーマとして研究を推進しています。ユビキチン化は癌、免疫、シグナル伝達、神経分化など多くの生体機能に関与します。基礎研究としてはユビキチン化酵素系の同定と機能解析を目的とし、臨床医学的研究としては癌や免疫や神経変性に関連する疾患におけるユビキチン化及びリン酸化の関与を解明し、予防と治療へ向けた研究を展開しています。

最新情報

 

2017.10.13: 小脳失調症関連自己抗体が認識するタンパク質の機能解析

矢口研究員(市立札幌病院神経内科/北大医・神経内科学教室兼任)の論文が、Bichemical and Biophysical Research Communications誌 (インパクトファクター:2.466)に掲載されました。
Sez6l2 regulates phosphorylation of ADD and neuritogenesis

Biochem. Biophys. Res. Commun., 494, 234-241, 2017. doi.org/10.1016/j.2017.10.047

 

2017.9.29: 高橋秀尚講師が、横浜市立大学大学院医学研究科・教授として異動

高橋秀尚講師が、2017年10月1日から横浜市立大学大学院医学研究科分子細胞生物学教室の教授に就任しました。

 

2017.9.11: ユビキチン化によるT細胞分化制御の最近の動向を解説

Cellular & Molecular Immunology誌(NPG) (インパクトファクター:5.897)のResearch Highlightに、T細胞分化におけるユビキチン化/脱ユビキチン化による制御に関する解説を掲載しました。
「Fine-tuning of thymocyte development by ubiquitination-mediated stability control of the ESCRT protein CHMP5」

Cell. Mol. Immunol., in press, doi.org/10.1038/cmi.2017.91

 

2017.8.8: 文部科学省科研費 新学術領域研究「数理シグナル」第1回若手ワークショップ「最優秀討論賞」受賞(渡部昌助教)

渡部昌助教が、新学術領域研究「数理シグナル」の第1回若手ワークショップにおいて最優秀討論賞を受賞しました。

場所:伊豆市

新学術領域研究「数理シグナル」のHPはこちら

 

2017.7.21: GU Cancer Forum「特別講演」

畠山教授がGU Cancer Forumで特別講演をしました。

特別講演タイトル:TRIMファミリータンパク質による細胞機能制御

場所:ホテルニューオータニ(東京)

 

2017.7.10: GI-CoRE GSQ, GSB & IGM Joint Symposium

高橋講師がGI-CoRE GSQ, GSB & IGM Joint Symposiumで発表しました。

タイトル:Big data analysis in bioinformatics to address mechanism of gene expression

場所:北海道大学大学院医学研究院

 

2017.4.14: 第24回分子皮膚科学フォーラム「特別講演」

畠山教授が第24回分子皮膚科学フォーラムで特別講演をしました。

特別講演タイトル:TRIMファミリータンパク質が関与する疾患

場所:ベルサール東京日本橋

 

2017.3.30: 北海道医学会「平成28年度研究奨励賞」受賞(渡部昌助教)

渡部昌助教が、北海道医学会平成28年度研究奨励賞を受賞しました。

北海道医学会のHPはこちら

 

2017.1.22: オートファジー、免疫、癌に関与するTRIMファミリータンパク質の総説を発表

Cell pressTrends in Biochemical Sciences誌 (インパクトファクター:16.630)に、オートファジー、免疫、癌化の制御に関与するTRIMタンパク質の解説が掲載されました。
「TRIM family proteins: roles in autophagy, immunity, and carcinogenesis」

Trends Biochem. Sci. 42, 296-310, 2017, doi.org/10.1016/j.tibs.2017.01.002

 

2016.12.6: International Symposium for New Aspects of the Ubiquitin Research

国際シンポジウム「Diverse functions of Ubiquitin: Degradation, Signaling, and Beyond」で、TRIMファミリーユビキチンリガーゼの機能に関する当研究室の最近の研究成果を報告しました。

“Functions of TRIM family proteins in metabolism and carcinogenesis”
Shigetugu Hatakeyama (Hokkaido University)

*2004年ノーベル化学賞受賞のアーロン チカノバー教授も基調講演されました。

場所:京都大学基礎医学記念講堂

シンポジウムのHPはこちら

 

2016.12.2: 第39回日本分子生物学会年会「優秀ポスター賞」受賞(高橋秀尚講師)

高橋秀尚講師が、第39回日本分子生物学会年会「優秀ポスター賞」を受賞しました。

3P-0189 「メディエーター複合体のサブユニットMed26による転写終結制御機構」

第39回日本分子生物学会年会のHPはこちら

 

2016.9.20: TRIMファミリータンパク質が関与する病気の総説

TRIMファミリータンパク質が関係する病気を網羅的に解説した総説が、The Journal of Biochemistry誌 (インパクトファクター:2.397)に採択されました。
「TRIM proteins and diseases」

J. Biochem. 161, 135-144, 2017, doi.org/10.1093/jb/mvw087

*脂肪細胞分化に関与するTRIM23の画像が表紙に採用されました。

 

2016.9.15: RNF207による心臓のエネルギー代謝制御の解明

水島研究員(循環病態内科学分野)の論文が、Journal of Molecular and Cellular Cardiology誌 (インパクトファクター:5.680)に掲載されました。
「The novel heart-specific RING finger protein 207 is involved in energy metabolism in cardiomyocytes」

J. Mol. Cell. Cardiol., 100, 43-53, 2016. doi.org/10.1016/j.yjmcc.2016.09.013

 

2016.6.3: p53によるsnRNAの転写制御の解明

大学院生のアニワルさん(耳鼻咽喉科・頭頸部外科学分野)の論文が、Biochimica et Biophysica Acta - Gene Regulatory Mechanisms誌 (インパクトファクター:6.332)に掲載されました。
p53 represses the transcription of snRNA genes by preventing the formation of little elongation complex

BBA-GRM, 1859, 975-982, 2016. doi: 10.1016/j.bbajrm.2016.06.001

 

2016.4.19: 日本生化学会北海道支部平成28年度若手研究奨励受賞(渡部昌助教)

渡部昌助教が、日本生化学会北海道支部「平成28年度若手研究奨励賞」を受賞しました。

日本生化学会北海道支部のHPはこちら

 

2016.2.16: 本学医学研究院HPの「Research Archives」で研究室紹介

北海道大学医学研究院のHPの「Research Archives」で、医化学分野の研究内容が紹介されました。

 北海道大学大学院医学研究院「Research Archives」のHPはこちら

 

2016.1.28: がんにおけるTRIM29の治療シーズとしての可能性

がんにおけるTRIM29の機能と創薬シーズとしての可能性に関する論説(editorial)が、Expert Opinion on Therapeutic Targets誌 (インパクトファクター:5.139)に掲載されました。
「Early evidence for the role of TRIM29 in multiple cancer models」

Expert Opin. Ther. Targets, 20, 767-770, 2016. doi: 10.1517/14728222.2016.1148687

 

2016.1.18: 北海道大学医学部同窓会フラテ研究奨励賞受賞(渡部昌助教)

渡部昌助教が、北海道大学医学部同窓会「フラテ研究奨励賞」を受賞しました。

北海道大学医学部同窓会のHPはこちら

 

2015.11.18: 立命館慶祥中学校の生徒さんへのアウトリーチ活動

「立命館慶祥中学校 中学3年生キャリア教育 北海道大学キャンパスツアー」において、立命館慶祥中学校(中学3年生)の生徒さんに対して、医化学分野と耳鼻咽喉科・頭頸部外科学分野の医局員(大学院生)によるアウトリーチ活動が行われました。

授業:「ヒトの遺伝子の異常によって起きる病気(畠山教授)」

実習:「DNAを見よう(高橋講師)」

          「顕微鏡でがん細胞を見よう(渡部助教)」

          「培養した細菌を見よう(先端医学講座・伊敏助教)」

          「エコー装置とファイバースコープで体の奥を覗きます(耳鼻咽喉科分野の先生たち)」

     

       

  このアウトリーチ活動は秋山記念生命科学振興財団のアウトリーチ活動報告でも紹介されました。

 

2015.11.7: 日本白血病研究基金「荻村孝特別研究賞」受賞(高橋秀尚講師)

高橋秀尚講師が平成27年度日本白血病研究基金の最高賞である「荻村孝特別研究賞」を受賞しました。

日本白血病研究基金のHPはこちら

 

2015.9.7: TRIM39による免疫シグナル制御の解明

大学院生の鈴木君(耳鼻咽喉科・頭頸部外科学分野)の論文が、Cellular and Molecular Life Sciences誌 (インパクトファクター:5.788)に掲載されました。
TRIM39 negatively regulates the NFkB-mediated signaling pathway through stabilization of Cactin

Cell. Mol. Life Sci., 73, 1085-1101, 2016, doi: 10.1007/s00018-015-2040-x

 

2015.6.22: ゲノムDNAの修復を制御する分子の機能解明

大学院生の桝田君の論文が、Nature Communications誌 (インパクトファクター:12.124)に掲載されました。
「 TRIM29 regulates the assembly of DNA repair proteins into damaged chromatin」

Nature Commun., 6, 7299, 2015, doi: 10,1038/ncomms8299

北海道大学HPのプレスリリースで紹介されました。

Nature JapanのHPにおいて「注目の論文」(2015年6月)として紹介されました。

 

2015.6.10: TRIM29による子宮頸がん細胞の遺伝子発現調節

大学院生の桝田君の論文が、Biochimica et Biophysica Acta - Molecular Cell Research誌 (インパクトファクター:5.019)に掲載されました。
「 TRIM29 regulates the p63-mediated pathway in cervical cancer cells」

BBA-MCR,1853, 2296-2305, 2015, doi: 10.1016/j.bbamcr.2015.05.035

 

2015.4.23: TRIM23による脂肪細胞分化の制御機構の解明

渡部助教の論文が、eLife誌 (インパクトファクター:9.322)に掲載されました。
「The E3 ubiquitin ligase TRIM23 regulates adipocyte differentiation via stabilization of the adipogenic activator PPAR gamma」

eLIFE, 4, e05615, 2015, doi: 10.7554/eLife.05615

 


出張授業・出前授業・セミナーの募集のお知らせ 出張授業・出前授業・セミナーの募集のお知らせ

私たちは、北海道大学において医学研究院と医学部で教育と研究を担当しております。
これまでの経験のもと、中学校、高校、他大学などにおいて出張授業等のアウトリーチ活動を行っております。
医学における「分子生物学」や「がん」などの研究に触れる機会を持っていただき、今後の若い人材の育成に貢献できればと考えております。

お問い合わせ

 

これまでのアウトリーチ活動:

2016.9.11: 旭川東高校でのアウトリーチ活動

  「第9回体験型北大セミナーin旭川」

2015.11.18: 立命館慶祥中学校の生徒さんへのアウトリーチ活動

  「立命館慶祥中学校 中学3年生キャリア教育 北海道大学キャンパスツアー」

2014.9.20: 留萌高校でのアウトリーチ活動

  「第2回Douhoku地域別サイエンスセミナーin留萌」

2014.7.21: 旭川東高校でのアウトリーチ活動

  「第8回体験型北大セミナーin旭川」

2014.5.27: 北海学園高校でのアウトリーチ活動

  「がんの医学と生物学」

 

 

 

大学院生募集のお知らせ

北海道大学大学院医学院の大学院生募集を見てください。医学部以外の生命科学系出身の方も、特に募集しています。
北海道大学大学院医学院でタンパク質分解(ユビキチン化)やタンパク質翻訳後修飾を中心とした医学生物学的研究を学びたい方は、当研究室に事前に是非ご連絡ください!
疾患の解明や医療における診断・治療開発に必要とされるさまざまな生命科学の基盤研究(プロテオミクスや次世代シークエンサーなど)を学ぶことができます。

募集要項

北海道大学 大学院医学研究院生理系部門
生化学分野 医化学教室
〒060-8638 札幌市北区北15条西7丁目
医学部 北研究棟 1階N1-111
TEL: 011-706-5047
FAX: 011-706-5169